症例 80代男性 手の指の痛み

80代男性 手の指の痛み

右手関節から母指の付け根に関して痛み、重だるさがあり、ペットボトルのどのふたが

開けれないとのこと。若いころはスキーをよくやり、小さな大会にも出ていた。

その頃より少々痛かったとのこと。

この度ペットボトルを開ける際痛みが悪化した。

状態は手をパーのように開くと痛く、何もしなくても多少の疼きあり。また、手首と母指の付け根の中間点に骨の出っ張りがある。

伸ばすと、多少の可動も感じることができた。

調べてみたところ母指の進展、外反、外旋にて反応があり、伸展にはやや痛みも感じる。

矯正をかけた際、かなり楽になったとのこと。

但し、元の受傷が古いためなかなか治りにくいため市販のサポーターをつけてもらったところかなり楽な状態になった。

受傷個所は中手手根関節と思われる。

通常は動かない関節だが、コンタクトスポーツや球技などをしていた方に見られる。

過去にバスケットボールやバレーボール、柔道などの選手に見られた。

名古屋の交通事故は昭和区荒畑のふじさわ整骨院 接骨院へ