月別アーカイブ: 2017年3月

ふじさわ整骨院恒例第3回バーベキュー大会!

少し遅れましたが、ふじさわ整骨院恒例第3回バーベキューです。
今回は牡蠣の食べ放題に加えマンガ肉(ただの肉の塊のそぎ落とし。シェラスコ好きでしたー)と焼きリンゴなどの焼きフルーツもしてみました。
焼きリンゴシナモンかけてみましたが好評でしたよ。
DSC_0265-2

DSC_0266-2

DSC_0269-2

名古屋市の交通事故治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院 接骨院

鼻血について

こんにちは、スタッフの藤枝です。
今回は前回に引き続き花粉症関連で鼻血の止め方についてかかせて頂きます。

私も花粉症でこの時期鼻をかむ回数が増えていって、その関係で鼻血が頻繁に出ます。
なので今回は止血方法についてです。

まず出血しやすい場所についてですが、図の赤い部分のキーゼルバッハ部位という場所でここは静脈が集まっているところです。
なのでキーゼルバッハ部位に近いところを持続して1分以上圧迫しましょう。(図2赤丸)

止血する際に上を向いた方がいい等色々な意見があるのですが、血液を飲み込むと血中の鉄分が胃腸を刺激して悪心や腹痛等に繋がるためやめたほうがいいそうです。
また、ティッシュを鼻に詰めるのもせっかくできたかさぶたが取れてしまうことがあるためやめた方がいいようですので、出た血はティッシュで抑えながら図2の部分を抑えるようにしましょう。

鼻血3

名古屋の交通事故治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院 接骨院

鼻詰まりについて

スタッフの藤枝です。
花粉が飛び始めたと言われ始めてきたので、今回は鼻詰まりについて調べてきました。

鼻を何度かんでも鼻が通らない理由について書かせて頂きたいと思います。
花粉症による鼻詰まりの原因の大半は鼻炎によるもので、アレルギー反応により鼻の鼻甲介という空気の通り道の役割をしている部分が腫れてしまうことにより道が狭くなってしまうために鼻が詰まって感じることが多いようです。

そもそも何故腫れてしまうのかということですが、鼻の粘膜は自律神経によって支配されていて鼻水を増やす指示が脳から入るのと同時に鼻粘膜の血管を広げる指示も入り、そこに沢山血液がたまり粘膜が腫れてしまうようです。
鼻周辺をマッサージや鍼灸施術をすることで鼻の血流がよくなり、鼻詰まりが緩和することが出来ます。
抗アレルギー薬と併用して行って頂くと比較的楽に春を乗り越えられると思います。

名古屋の交通事故治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院へ 接骨院