月別アーカイブ: 2016年6月

第三回お灸教室

第3回お灸教室。今回は七名の参加者でした。
ツボの講義の後、実際自分でお灸して頂きます。
部屋の中はお灸の香?でいぶされております。^^
次回は7月15日の予定です。

P1020700

名古屋の交通事故治療は昭和区荒畑、鶴舞のふじさわ整骨院へ。 接骨院

新入社員の頃

たまにフェイスブックで見かける記事ですが、ここの記事はいつも秀逸です。
本心、これを二十代に読んでさらに理解できていたとしたら・・・・人生どうなっていたでしょうか。
http://blog.tinect.jp/?p=12516
消えるともったいないのでコピペもしました。

ある会社で配布された、「新入社員へうちの会社が求めていること」という資料が、すごい本音だった。

企業会社観察 安達 裕哉2015/4/3
メルマガ登録facebookページ
4415406714_ba8a68ec2c_oある会社で配布された、新入社員向けの資料があった。タイトルは、「新入社員へうちの会社が求めていること」

内容を拝見したのだが、かなり本音で書かれており、面白いと思ったのでこちらで紹介したいと思う。

新入社員へうちの会社が求めていること

1.言われたことを、キッチリやること。

うちの会社がまず最初に皆さんに求めることは、「言われたことをキッチリやること」です。

納期内に、先輩や上司の指示した仕事を100%終わらせること。それが重要です。正直、創意工夫も、提案も、今の皆さんにはあまり求めていません。それはもう少し仕事を覚えてからでも遅くありません。

そのために、頼まれたことは決して忘れないこと。忘れてしまう不安がある際には、必ずメモを取ってください。

あと、ほんのちょっとアドバイスをするとすれば、納期を前だおしして、頑張って仕事を終わらせること。先輩や上司はそれだけで喜びます。

2.上司に可愛がられること。

どんな人が可愛がられるか、ということについては正解はありません。皆さんで上司を観察して考えて下さい。

生意気な人を可愛がる人もいれば、従順な人が好きな人もいます。思慮深い人が好きな上司もいれば、行動力を重視する人もいます。もちろん礼儀正しいことは前提です。人を観察し、対応方法を考える事は、将来皆さんがお客さんと相対した時にきっと役に立つことでしょう。

当然のことながら、上司に可愛がってもらえたら、いい仕事を回してもらえるし、ほしい情報をもらえることでしょう。結果として出世も早いと思います。

3.本を読むこと

インターネットのニュースや記事もいいですが、本を読みましょう。本はインターネットよりもはるかに良質な情報が集積しています。

皆さんがもらった給料を何に使うかは自由ですが、少なくとも本にはいくらか投資したほうが良いでしょう。10年後に、その投資は何倍にもなって返ってきます。

どんな本を読んだら良いか?

それは、上司や先輩に聞きましょう。

4.雑用をやること

「雑用なんて」と思うかもしれませんが、現在のあなた方よりは先輩や上司の方が仕事ができるのは間違いありません。先輩や上司が雑用をやるよりも、あなた方が雑用をやったほうが会社全体が最適化されるのです。

数年もすれば、その関係が逆転する可能性は十分にありますが、最初の1年間は率先して雑用をやることを心がけてください。

意外にも、雑用の中に仕事を覚えるチャンスはたくさんありますし、先輩や上司との接点にもなります。

5.会社のルールを憶えること。

ルールを知らなければ、組織の中で働くことは出来ません。だから、会社のルールを憶えてください。

中には明文化されているものもありますが、明文化されていないルールも数多くあります。そのようなルールは先輩や上司に確認を取ることで知ることが出来ます。不安な時はとりあえず聞くこと。そこから始まります。

もちろん、ルールは絶対ではありません。時にはルールの外で動く必要があるかもしれません。

ですが、それは普段、ルールを守っている人が、特別に許されたときにきに行うことです。ルールを破る前に、ルールを変える許可をもらって動くこと。これは組織の鉄則です。

名古屋の交通事故治療は昭和区荒畑、鶴舞のふじさわ整骨院へ深夜10時までやってます。 接骨院