月別アーカイブ: 2014年12月

笑い

受付の小林です

笑うことが健康に良いと、そこかしこで聞きます。
笑いヨガというものもあり、”笑う“ということを冗談やユーモア、コメディに頼らずに行うエクササイズです。
脳は作り笑いと自然な笑いの区別がつかなく体への作用は一緒ということが医学的に証明されているのだそうです。
以前に見た映画(筑波大学の名誉教授で遺伝子学の権威である村上和雄先生の映画”Switch”や”祈り~サムシンググレートとの対話)でも笑いが病を治すと言っているのも思い出されました。
笑いの効用は
・血流が良くなり心身共にエネルギーで満ち溢れた状態になる。
・エンドルフィン(痛みを抑える物質)のレベルが上がり、気分が良くなる上、様々な痛みが軽減される。
・ストレスレベルが減少し、免疫系、消化器系、生殖系状態がよくなる。
・うつ状態が軽くなる。
など、
すばらしい効果が期待できるそうです。

そこで、笑いヨガ、笑いの瞑想なるものを自分でもやってみました。
以前に知人の瞑想の先生に教えてもらったりしたこともあり、また公園でやっているグループに参加してみたりもして、今回は家で試してみました。
面白くもないのに、笑いたくもないのに笑う…至極面倒くさい。
ので、勢いづけようと、まずは激しい呼吸法を5~10分行いました。
いざ、笑いへ。
すると、最初に浮かんできたのは悲しいできごと。
でも、笑う。そのことに向けて笑う。
まあ、人間いつかは死ぬんだしなあ…こんなことで悲しんでいる自分がいるなあと思ったら笑えてくる。
悲しかった分、余計に笑えてくる。
だんだん、笑っていることに笑えてくるのか、勢いで笑ってしまう。
そして大笑いした後10分くらい寝姿勢でじっとしていると自分の中が静かになり、スッキリ。
こんなことをやった日はいつもなら嫌だなと思うことを言われても「何か言ってるな」と相手に対してどこか余裕が生まれていることに気づいたり。
ただで元気になれてる。
“笑う“いいですね。

名古屋の交通事故治療、労災治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院へ 接骨院

御器所八幡餅つき

近くの御器所八幡さんで餅つきしてました。
お下がりの餅を貰いました。
うーん、つきたては美味しい^^
患者さんの無病息災と交通事故の患者さんを
扱ってるので交通安全も祈願してきました。

008

006

名古屋の交通事故治療、労災治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院まで 接骨院

中道

「中道」
「琴の弦は強すぎても弱すぎても良い音は出ない」
知り合いの中で奥さんが自然食大好き(というか食べられない)
旦那さんはコンビニのフランクが好きで結局離婚や仲が悪くなっていった人が何人かいます。
何が問題なのでしょうか。

昨今フェイスブックで取り上げたように色々な食で問題が起こっています。「○○を食べてはいけない」本とか逆に「「○○を食べてはいけない」を読んではいけない」などという本まで出てますね。

確かに食に気は使わなければなりませんがこだわり過ぎはどうでしょう。現に仲が悪くなっています。
コンビニ派は何でも食べれますが自然食派は食べれるものが減ってきます。また、コンビニ派は大味に慣れてしまっているので自然食派の作るものは「味がしなくてまずい」と思いがちです。

勿論子供がいる場合にはこの限りではないですが、コンビニ派は「コンビニ飯(カップめん、コンビニ弁当)は毒である」自然食派は「自然食は慣れていない人にはストレスになる。」と思っているのが一番いいのではと思いました。

名古屋の交通事故治療、労災事故治療は昭和区荒畑のふじさわ整骨院へ 接骨院